採用情報

求人募集案内

弊社の隠し事ない経営者の思いをよく読んでからご応募ください。

創業のきっかけ

創業者である現会長が、サラリーマンの宿命である「辞令」次第で知らない土地へ転勤しなければならないことに違和感を抱いていた時に、現会長の実兄から自動車解体業を紹介され、高度成長期の主戦場だった自動車ビジネスでなおかつ地域に根付いた商売で勝負する事を決意し、昭和50年に30歳という若さでサラリーマン生活に別れを告げて、弊社が誕生しました。

創業時の苦労

創業時の苦労

昭和50年と言えば、自動車販売網の整備が進み、全国的に一家に一台の時代を迎えていましたが、まだまだ自動車整備に中古部品を使う概念が一般的で無かったため、中古部品を売るためのネットワークが必要だと考えていました。現在では自動車中古部品流通業界最大手になったNGP(当時は西日本グッドパーツの略だったが、その後、日本グッドパーツに名称変更)という組織を1985年4月に大石一彦さんと共に現会長の中島正則が立ち上げました。

立ち上げた当初は大分県の同業他社3社が集まり実験的にスタートしました。当時は中古部品に直接荷札を貼りつけた状態での出荷をしていたようです。在庫の確認はもっぱらミニファックスと呼ばれていた機材を使い月額通信料を100万円(当時としてはとても高額だった)も支払っていたそうです。商品を在庫するかどうかの判断は全て担当者の第六感を信じ、大量に書き込んだ大学ノートが在庫確認をする台帳でした。担当者の記憶が売上に直結していたと言っても過言ではありませんでした。

スタート時点では月間販売金額は30万円程度の売上だったそうですが、3年後には月間売上700万円と順調に成長していき、それとともにスタッフも増員していきました。当社も、車から排出される鉄資源が売上を支えていた時代から、部品が取れる車しか取り扱わない経営に変化していきました。

その後、九州地区の会員数は12社になり、現会長が四国地区の新規開拓を担当し更なる飛躍を目指して新規開拓がスタートしたそうです。NGPに入会するとオーナー研修と呼ばれていた経営者研修を行っていましたが、それは非常に厳しいものだったと聞いています。もともと、挨拶や人前でのスピーチとは縁遠い方々が参加されていたので相当苦労されたようです。

今では、その先人たちの努力と苦労が実を結び200拠点近くの会社が組織する組合になっています。

事業継承への思い

事業継承への思い

現社長が現会長から、この事業を引き継ごうと思った時期は定かではありませんが、どうやら小学校1年の時に「大きくなったら自動車屋さんになる」と書いていた文書が見つかりましたので、当時から自動車に関係する仕事に就きたかったのだと推測できます。

現社長が事業を継承した大きな動機としては、ことあるごとに「早く大きくなって一人前になれ!」と現会長から言われ続けたことで、「いつか親父を見返してやる!そして親父に認められる人間になろう!」と決意していたそうです。その反面、毎日夜遅くまで泥にまみれたように服を汚して働いている現会長の姿を見て育ったので、早く一人前になって両親を助けたいとも思っていたようです。

滅多な事では弱音を吐かない現会長が、一度だけ泥酔になり泣きながら愚痴をこぼした事があるそうです。それは、これまでの貧困生活の苦労と、起業してもなかなか軌道に乗らず、回りから馬鹿にされて自殺しようかと思っている事など、当時小学低学年だった現社長には強烈に「これは何とかせなあかん!!」と何かに目覚めたよう瞬間があったそうです。

事業継承の時 平成15年8月

現社長が社長職に就くまで、販売部の管理職として現場を任せられていた時期がありました。社員教育研究所で後継者としての勉強を積み重ねながらも部下を育成し、管理職不在でも売り上げが安定する状態になるまで3年の期間を要しましたが整いました。その後、成果を認められ専務を経験しました。専務時代は営業として遠方を中心に新規開拓を行っていました。オートリサイクルナカシマが認知されていない地区では門前払いされることもありました。社名ぐらいは…と思っていましたが、知られていない実情を体験し、まだまだ井の中の蛙状態なんだと痛感したそうです。成果としては満足する結果を生み出せず、もう少し営業で頑張ってみたかったと今では後悔しているようです。

事業継承の時

社内でさまざまな経験を積み重ね、経営状態が安定しだした平成15年の夏に、この時期が一番良いと判断し現会長から現社長へと事業継承を行いました。社員や社員の家族に対する責任、取引先との信頼関係、安定経営など数えればきりがないほど責任範囲の大きさに現社長は相当なプレッシャーを感じていたようです。

また継承と同時に、福岡にあるグループ会社の有限会社オートリサイクルナカシマ福岡の業績低迷改善を任せられることになり二重の責任を負うことになりました。幸いにも本社の立場である株式会社オートリサイクルナカシマ在籍社員の飛躍的な成長と、平成17年から実施された自動車リサイクル法の後押しもあり、想像以上に早く業績改善を実現しました。当時は自動車リサイクル法と同時に、廃自動車から排出される鉄などの価値が上がり、それ以前は逆有償として処分していた素材が、有償で販売できるようになった事が時代のターニングポイントでした。今、考えれば良い時期に事業継承ができたのではないでしょうか。

現社長の思い

不況が続いている現状では、車の使用期間が延びる一方だと予想され、それにより故障が発生する機会も増えていき、修理を要する際には低コストを要求されていくと考えられます。修理には新品部品ではなく、中古部品の要求も増えていくでしょう。その追い風を受け、さらなる営業展開を仕掛けていきたいと思っています。

現社長の思い

しかしながら、現在の日本では、自動車部品のリサイクル使用率はたった5%で推移しています。この5%という数字はアメリカの実情と比較すると1/10程度です。中古部品の利用は、地球温暖化の原因となっているCO2排出削減にも貢献していると大学の研究などで証明されています。もっと多くの方々にこの事実を知ってもらい、中古部品を利用した修理を検討してもらいたいと考えています。自動車業界全体の中では地味な分野ではありますが、いつの日か地球環境に貢献している会社がここにあると認められる事を夢見て業務に励んでいます。

認知される企業となるためには、正しく人材を育成することが第一と考えています。まずは車をばらしていく現場を経験してもらい車に対する知識を積み上げてもらいます。その後は実際に中古部品を販売する部署で売れ筋商品やお取引先の要望を理解し、最終的には売れる部品につながる車を仕入れる部署で活躍してもらう育成プランを持っています。これに一人一人を正しく評価する評価制度や、立場に応じたスキルアップ研修などを経験してもらい、必要とされる中古部品を供給し続けられる企業の屋台骨となれるよう共に成長していきましょう。

現社長の横顔※社長からのメッセージ

幼少期は、とくかく負けず嫌いで、友達とケンカしては顔に引っ掻き傷をつくって家に帰っていました。

少年時代は、絵を描くことが大好きで、時には賞を頂くこともありました。それと、生き物が好きで犬とよく遊んでいた思い出があります。きっと引っ越した時に友達が減った事の気晴らしだったと思います。

思春期は、あまり外出をせず、ひたすらゲームやビデオにのめり込みました。今で言う引きこもりだったかもしれません。

京都にある自動車専門学校に通っていた時代は、親から解き放たれた気分になり、自由気ままに寮で知り合った友人達と遊びほうけて青春を謳歌していました。長期連休があった時は、友人宅に旅行気分で泊まりに行って随分お世話になりました。今から思えば一番自由で楽しかった時代です。

日産サニー大分に勤めていた時代は、「早く一人前になる!」という強い信念から、誰よりも早く出社して、夜遅くまで車検の作業に追われる毎日でした。先輩から「いつまで働いているんだ!早く終われ!」とよく言われていました。今考えると上司の言う事を聞かないわがままな新人だったと思います。車検の整備台数では誰にも負けたくない一心で仕事に没頭していました。当時の上司から「あなたが辞めてから、しばらくは現場がてんてこ舞いになり、その後2人ほど上司が辞めた」と聞かされました。ほどほど…が苦手だったのかもしれません。

オートリサイクルナカシマへ入った当時は、現会長時代から仕えている番頭的立場の方と意見が合わず、よく言い合ったのを思い出します。その番頭的立場の方が退いてからは、若手が急激に成長し会社の活力も出てきました。今では良いタイミングで入社でき、今後の人生で生かされる経験を積ませてもらったと感謝しています。

社長となって10年が過ぎました。最初は肩書きばかりが先行し、社内体制を変えるのに苦労しましたが、今後も若手が活躍するチャレンジの場を創りつつ、ワクワクする事やドキドキする瞬間を生み出す組織作りを心掛けています。

弊社の企業理念

ここ数年変わらずの理念は「リサイクル部品を通して地球にやさしい環境を創る企業を目指します」です。誰もが気づいている地球環境の変化に伴い、何でもリサイクルしなくてはいけないという風潮です。オートリサイクルナカシマ・グループとして、自動車から発生するリサイクル部品を全世界に向けて使って頂けるよう、コスト削減と共に品質向上を目指して供給し続けることを企業使命と考えています。

弊社の風土

現社長の思い

世代交代が行われた現在のオートリサイクルナカシマを束ねる中核メンバーは、40才台と非常に若い会社に生まれ変わりました。技術や知識が多少劣っていても素直な心を持っている人なら、すぐに当社の社風に溶け込み第一線で活躍するメンバーになれるでしょう。

根づいている風土としては、上司が細かい指示を与えるのではなく、個人個人が考え行動することを推奨していますので、自主性が発揮しやすい職場だと思います。自分の力で車を集め、自分の手で車からリサイクル部品を生み出し、自分たちで販売に携わる、そんな姿勢が評価され、お客様から愛される企業体であり続けることが弊社の特徴です。

また、来社される方から評判が良い所として《挨拶の徹底》だと思っています。お客様が敷地内に入られると、どこからともなく挨拶する声が聞き取れます。是非、弊社にお立ち寄り頂き体験してみてください。

従業員の気持ち

お客様から「部品を見つけてくれてありがとう」と言われたときに、中古部品1点1点の重みを感じます。この仕事に就いて良かったと感動する瞬間です。他社では見つからなかった中古部品を知識や経験や工夫を凝らすことによって納める事が出来たときには、例えがたい充実感を味わえると思います。これからもお客様に感謝し続けてもらえる企業でありたいと思っています。

また、生産現場では処理するスピードとの戦いでもあり、時間に追われて大変だと感じる事もあるかと思いますが、まだまだオペレーションに改善の余地があり、社員一人一人の知恵と工夫で処理能力が飛躍的に良くなる要素を残しています。処理能力が向上する=利益が出る=社員へ還元できる。この考えに共感でき、共に仕事を改善する気持ちがある方が入社される事を望んでいます。

同業他社との違い

20~30才台の若手を中心に環境委員会、安全委員会等の所属部署の壁を越えた組織作りを創設して、より働きやすい環境作り、よりやりがいのある環境整備を行っています。設備と施設面では、老朽化した設備の更新や、業務で使用するコンピューターを含めた通信機器は最新の機種を導入しています。自動化や機械化を推し進め、時代の変化に適合したスタイルの確立を手掛けています。

また、計画し行動に移す迄のスピードは他社には負けていない所だと思っています。素直で誠実な社員が多く、地味ですがコツコツと根気よく働いてくれています。

現会長の方針で無借金経営を続けている点も、他社には決してまね出来ない部分です。時には石橋を叩いても通らない慎重さと、決まればすぐに行動に移す部分を持ち合わせています。

会社の危機的状況をどう乗り越えたのか

会社の危機的状況をどう乗り越えたのか

平成20年夏のリーマンショックでは、自動車リサイクル業界もバブルが弾けた状態となり、同業他社では苦労された会社が多かったようですが、弊社では無借金経営だったおかげで何とか大きな赤字も出さずに切り抜ける事ができました。

大きな危機はありませんでしたが、それでも小さな危機は幾度となくありました。

そんな時に取り組んでいるのは、いつも原点に戻ることです。一人一人と面談を行い、問題点を書き出し、いったい何が原因で状況が悪くなったのか深く掘り下げています。結果、見えてくるのはいつも「整理整頓」の一言に尽きます。整理整頓も人・物・金・情報・時間・環境に対し出来る事から取り組み、「なぜ、オートリサイクルナカシマを創ったのか?」と原点に戻る大切さを説明し、自動車リサイクルの意義、自動車リサイクル業で仕事が出来る誇りと大切さを伝え続けています。経営層の思いが正しく伝われば、社員の理解度も深まり、整理整頓を推し進める事で、今までの危機は乗り越えてきました。

今後の課題は変動が少ない業績の継続です。まだまだ改善への道半ばであり、このオートリサイクルナカシマ・グループの中核メンバーになってもらえる仲間を探しています。

生産課社員 募集要項

求人職種 生産課社員
募集事業所 日田または福岡
仕事内容 使用済み自動車の解体作業
  • 自動車から部品を取り外す
  • 取り外した部品を洗浄しきれいにする
  • 取り外した部品を決められた棚で在庫する
  • 廃タイヤを処分する
  • 自動車リサイクル法に準じた液抜き等
  • 自動車を素材別に分別し解体する
勤務時間 8:15~17:30(昼休憩、10時休憩、15時休憩あり)
休日(年間100日)
  • 日曜日、祝日、所定の土曜
  • 夏期休暇
  • ゴールデンウィーク
  • 年末年始休暇
  • 有給休暇(入社半年後から10日発生)
給与 あなたのこれまでの経験をもとに当社規定により決定いたします。
※参考までに支給金額の例を以下に記載します。
参考給与20才…170,000円(基本給+能力給+職務手当他)
諸手当 子供手当…1人3,000円
昇給 年1回(6月予定)
賞与 年2回(7月と12月)
社会保険等 労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金
制服 作業服貸与、作業靴貸与、ジャンパー貸与
退職金制度 あり。5年以上の勤務者には退職金が支払われます。
福利厚生 社員懇親会(不定期)
社員旅行
選考方法 1次面接+適正試験、2次面接+入社テスト
勤務開始日 ご希望の勤務開始日をご相談ください

営業事務 募集要項
短大新卒者向け

求人職種 営業事務
募集事業所 福岡
仕事内容 弊社が加入しているNGPという中古部品のオンラインネットワーク内で、在庫にある部品とお客様が探しておられる部品とをマッチングさせて販売するという仕事になります。車に関して全く未経験でも社内で教育、サポートしていますので安心して働いていただけます。
勤務時間 8:15~17:30(休憩時間90分)
休日(年間100日)
  • 日曜日、祝日、所定の土曜
  • 夏期休暇
  • ゴールデンウィーク
  • 年末年始休暇
  • 有給休暇(入社半年後から10日発生)
給与 170,000円
昇給 年1回(6月予定)
賞与 年2回(7月と12月)
社会保険等 労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金、育児休業
退職金制度 あり。5年以上の勤務者には退職金が支払われます。
福利厚生 社員懇親会(不定期)
社員旅行

一般事務 募集要項
短大新卒者向け

求人職種 一般事務
募集事業所 福岡
仕事内容 車を廃棄するお客様の接客対応や、中古部品を販売したお客様への会計処理、自動車処分に伴う自動車マニフェスト処理など多数の仕事があります。一人一仕事ではなく、誰でも何でもできるようにみんなで協力し合って仕事をしていきます。
勤務時間 8:15~17:30(休憩時間90分)
休日(年間100日)
  • 日曜日、祝日、所定の土曜
  • 夏期休暇
  • ゴールデンウィーク
  • 年末年始休暇
  • 有給休暇(入社半年後から10日発生)
給与 160,000円
昇給 年1回(6月予定)
賞与 年2回(7月と12月)
社会保険等 労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金、育児休業
退職金制度 あり。5年以上の勤務者には退職金が支払われます。
福利厚生 社員懇親会(不定期)
社員旅行

オートリサイクルナカシマへの応募は下記の応募フォームをご利用ください。

採用応募フォーム